技術士建設部門コンクリート 徹底解説ブログ

技術士建設部門コンクリートを徹底的に解説します

過去問解説

令和3年

Ⅰ-1 循環型社会の構築

Ⅰ-2 風水害対策

Ⅱ-1-3 高強度材料

Ⅱ-1-4 非破壊検査

Ⅱ-2-1 再発防止

Ⅱ-2-2 耐震補強

Ⅲ-1 新材料・新工法

Ⅲ-2 予防保全

令和2年

Ⅰ-1 担い手確保

Ⅰ-2 戦略的なメンテナンス

Ⅱ-1-3 生産性向上 ①機械式接手工法

Ⅱ-1-3 生産性向上 ②呼び強度とスランプフロー

Ⅱ-1-4 劣化現象 ①水分を考慮した中性化による鋼材腐食

Ⅱ-1-4 劣化現象 ②凍結防止剤散布環境下における凍害

Ⅱ-1-4 劣化現象 ③アルカリシリカ反応

Ⅱ-2-1 新設プロジェクト

Ⅱ-2-2 既設構造物の補修

Ⅲ-1 BIM/CIMによる生産性向上

Ⅲ-2 性能規定化

令和元年

Ⅰ-1 生産性向上

Ⅰ-2 国土強靭化

Ⅱ-1-5 混合構造

Ⅱ-1-6 化学混和剤

Ⅱ-1-7 暑中コンクリート

Ⅱ-1-8 塩害

Ⅱ-2-3 ひび割れの補修計画

Ⅱ-2-4 耐震補強

Ⅲ-3 海外インフラ

Ⅲ-4 温室効果ガス

平成30年

Ⅱ-1-5 非破壊検査

Ⅱ-1-6 体積変化に伴う初期ひび割れ

Ⅱ-1-7 環境負荷低減

Ⅱ-1-8 鉄筋の継手方法

Ⅱ-2-3 工期短縮

Ⅱ-2-4 軽量コンクリートの圧送

Ⅲ-3 防災・減災対策

Ⅲ-4 生産性向上

平成29年

Ⅱ-1-5 プレストレストコンクリート特有の初期欠陥

Ⅱ-1-6 短繊維

Ⅱ-1-7 スランプ

Ⅱ-1-8 要求性能

Ⅱ-2-3 表面品質

Ⅱ-2-4 耐震補強

Ⅲ-3 生産性向上と品質確保

Ⅲ-4 維持管理

平成28年

Ⅱ-1-5 劣化メカニズム

Ⅱ-1-6 水中不分離コンクリート

Ⅱ-1-7 梁部材の破壊形態

Ⅱ-1-8 耐震性能

Ⅱ-2-3 リスク管理

Ⅱ-2-4 耐荷力の向上、回復

Ⅲ-3 社会資本の品質

Ⅲ-4 二酸化炭素

平成27年

Ⅱ-1-5 充填不良

Ⅱ-1-6 プレストレストコンクリート特有の不具合

Ⅱ-1-7 温度ひび割れ

Ⅱ-1-8 電気化学的補修工法

Ⅱ-2-3 構造物の改修

Ⅱ-2-4 補修対策

Ⅲ-3 復興事業

Ⅲ-4 社会資本の維持管理

平成26年

Ⅱ-1-5 塩害の再劣化

Ⅱ-1-6 寒中コンクリート

Ⅱ-1-7 乾燥収縮ひび割れ

Ⅱ-1-8 複合構造

Ⅱ-2-3 引張鋼材の腐食

Ⅱ-2-4 プレキャスト化

Ⅲ-3 社会資本整備

Ⅲ-4 維持管理

平成25年

Ⅱ-1-5 塩害

Ⅱ-1-6 柱部材の破壊形態

Ⅱ-1-7 アルカリシリカ反応

Ⅱ-1-8 高強度コンクリート

Ⅱ-2-3 初期欠陥

Ⅱ-2-4 補強設計

Ⅲ-3 生産性向上

Ⅲ-4 社会資本の老朽化

平成24年

Ⅰ-11 性能照査

Ⅰ-12 フライアッシュ

Ⅰ-13 繊維の利用

Ⅰ-14 骨材

Ⅰ-15 温度ひび割れ

Ⅰ-16 耐震補強

Ⅰ-17 合理化・省力化

Ⅰ-18 構造物の補修

Ⅱ-1 防災・減災

Ⅱ-2 地球環境問題

平成23年

Ⅰ-11 構造物の長寿命化

Ⅰ-12 耐震設計

Ⅰ-13 高強度・高流動・高耐久コンクリート

Ⅰ-14 高炉セメント

Ⅰ-15 構造部材のプレキャスト化

Ⅰ-16 予防保全

Ⅰ-17 かぶり厚さ

Ⅰ-18 既設構造物の安全性

Ⅱ-1 社会資本の老朽化

Ⅱ-2 建設産業の課題

平成22年

Ⅰ-11 耐久性設計

Ⅰ-12 生コンの品質

Ⅰ-13 乾燥収縮ひずみ

Ⅰ-14 環境負荷低減

Ⅰ-15 設計で考慮すべき施工への留意点

Ⅰ-16 耐火性能

Ⅰ-17 日常点検

Ⅰ-18 既設構造物の安全性

Ⅲ-1 老朽化

Ⅲ-2 建設産業の課題

平成21年

Ⅰ-11 充填コンクリート

Ⅰ-12 乾燥収縮ひび割れ

Ⅰ-13 複合劣化

Ⅰ-14 スラグ細骨材

Ⅰ-15 鉄筋接手

Ⅰ-16 耐震性能

Ⅰ-17 FEM解析

Ⅰ-18 プレストレストコンクリート特有の問題

Ⅲ-1 低炭素社会

Ⅲ-2 成果の合理性

平成20年

Ⅰ-9 混和材料

Ⅰ-10 再生骨材

Ⅰ-11 高性能コンクリート

Ⅰ-12 背高性能

Ⅰ-13 複合構造

Ⅰ-14 長寿命化

Ⅰ-15 構造物の補強

Ⅰ-16 温度応力によって生じるひび割れ

Ⅱ-1 維持管理

Ⅱ-2 公共事業の縮小

平成19年

Ⅰ-11 アルカリ骨材反応

Ⅰ-12 非破壊検査

Ⅰ-13 経年劣化

Ⅰ-14 品質管理

Ⅰ-15 性能設計

Ⅰ-16 プレキャスト化

Ⅰ-17 荷重作用

Ⅰ-18 収縮ひび割れ

Ⅱ-1 社会資本整備の在り方

Ⅱ-2  技術の維持継承

平成18年

Ⅰ-11 環境負荷の低減

Ⅰ-12 初期欠陥

Ⅰ-13 受け入れ時の検査項目

Ⅰ-14 超高強度コンクリート

Ⅰ-15 ライフサイクルコスト

Ⅰ-16 耐震補強

Ⅰ-17 経年劣化

Ⅰ-18 PRC構造

平成17年

Ⅰ-11 アルカリ骨材反応

Ⅰ-12 高性能コンクリート

Ⅰ-13 短繊維補強

Ⅰ-14 材料・配合に起因するひび割れ

Ⅰ-15 非破壊検査

Ⅰ-16 塩害

Ⅰ-17 プレキャストコンクリートの耐久性

Ⅰ-18 プレキャスト化

平成16年

Ⅰ-11 副産物または廃棄物の有効利用

Ⅰ-12 再生骨材

Ⅰ-13 鉄筋工の検査

Ⅰ-14 予防保全と事後保全

Ⅰ-15 劣化因子

Ⅰ-16 新しい構造形式

Ⅰ-17 性能規定化

Ⅰ-18 ライフサイクルコスト

平成15年

Ⅰ-11 マスコンクリート

Ⅰ-12 単位水量

Ⅰ-13 鉄筋

Ⅰ-14 アルカリ骨材反応

Ⅰ-15 ライフサイクルコスト

Ⅰ-16 健全性の評価

Ⅰ-17 施工時と完成時の構造系が大きく異なる事例

Ⅰ-18 性能規定

平成14年

Ⅰ-11 コスト縮減

Ⅰ-12 グリーン調達

Ⅰ-13 骨材

Ⅰ-14 長寿命化

Ⅰ-15 ひび割れ

Ⅰ-16 塩害

Ⅰ-17 複合構造物

Ⅰ-18 床版の劣化要因